ブライダルフェアの一人参加、意外なメリット3つ【遠距離からの結婚準備】

結婚式を挙げることが決まったら、次は式場探し。

ブライダルフェアでの模擬挙式や、コース料理の試食などを楽しみにしている方も多いと思います。

でも、

「彼と休みが合わなくて…」

「遠距離だから、二人で行くのは難しい…」

というケースもありますよね。私も結婚前は遠距離だったので、式場探しから打ち合わせまでほとんど一人で行いました。

周りは幸せなカップルだらけの中、私だけ一人だったら変に思われるかな?なんて最初は心配でしたが、実際に行ってみると意外と一人のほうがいいかも!と思えるくらいのメリットがいくつかありました。

そこで今回は、一人でブライダルフェアに行きたいけど不安…という方のために、一人参加のメリットを3つお伝えします。

ブライダルフェア一人参加のメリット①:乗り気じゃないパートナーに気兼ねせず、じっくり見学できる

多くの場合、結婚式準備の初期において男性はあまりやる気がないものです。

「結婚式は花嫁が主役なんだから、君の好きにしていいよ~」

なんて言ってませんか?

ちなみに、これが式の直前になると、いろいろとこだわりが出てきて口を出してくるんですけどね。うちの夫もそうでした。

そんな彼をブライダルフェアに連れ出しても、プランナーさんの話も聞かずスマホをいじってばかり→彼女激怒!なんてよくある話です。

でも一人参加なら、やる気のない彼に気兼ねすることもなく、ゆっくり自分のペースで見学できます。プランナーさんに聞きたいことも遠慮なく聞けますね。

最大5万円分のギフト券がもらえる!結婚式場探しはマイナビウエディング

ブライダルフェア一人参加のメリット ②:強引な勧誘を受けにくい

一人参加の場合、プランナーさんから「今日契約すれば〇万円割引ですよ!」などと契約を迫られそうになっても、

「彼と相談してから決めたいので…」

のひとことで逃げることができます。

逃げるというと聞こえが悪いですが、じっくりと式場を比較してから選ぶためにも、判断を先送りできるというのは大きなメリットです。

ブライダルフェア一人参加のメリット ③:プランナーさんが親身になって説明してくれる

私も実際3件ほど一人でブライダルフェアに行きましたが、一人だと心細いだろうな…と思ってもらえるのか、プランナーさんが親身になって説明してくれた印象があります。

むしろ、一人参加だからといってぞんざいな接客をするような式場だったら、そこに大切なゲストをお招きしたくないですよね。

ゲストへの応対を重視したい方は、見学の時点でしっかりチェックするのをおすすめします。

まとめ

以上、ブライダルフェアに一人で参加するメリットをまとめました。

このほか、注意点としては

  • どんなに気に入った式場でも、彼に相談せずその場で契約しない
  • 予算や収容人数など、最低限チェックしたいことは事前に話し合っておく
  • 写真やメモで記録を残しておき、後で彼と共有する

などが挙げられます。

最初は周りの目が気になるかもしれませんが、そこは大丈夫!みんな自分たちの結婚式のことで頭がいっぱいなので、たいてい他の人のことなんて目に入っていません(笑)

納得のいく式場選びのために、ぜひ一人参加も視野に入れてみてください。